2018年02月28日

〜笑顔花咲く初春に・・・パート2〜

みなさん、こんにちわ!
今日は、先日お話していた『なにわ演芸ボランティア』さんの公演の様子をお知らせ致します♪

◆みなさんで青春のメロディーを大合唱◆


IMG_8912.jpg IMG_8909.jpg IMG_8908.jpg


◆日舞や詩吟を楽しむ皆さんの様子◆

処理済〜IMG_8943.jpg 処理済〜IMG_8888.jpg IMG_8941.jpg



◆大トリは・・・人体入れ替えショーexclamation



IMG_8951.jpg IMG_8952.jpg 
「袋に男性が入ります!もちろん袋の口はきつーーーく縛られた状態!」

IMG_8956.jpg IMG_8959.jpg IMG_8961.jpg


「緑のカーテンを被せると・・・・。あら不思議!お手伝いしていた女性が箱から出てきました!!」

IMG_8962.jpg


「両手首には頑丈な手錠がされています!」

◆人体入れ替えショーを楽しむ皆さん◆


IMG_8944.jpg IMG_8945.jpg IMG_8932.jpg IMG_8942.jpg IMG_8900.jpg 処理済〜処理済〜IMG_8918.bmp

いかがでしたでしょうか?
写真から皆さんの明るい声が聞こえてきそうですね♪

今年も初春にたくさんの笑顔が咲いたステキな1日となりました☆



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月27日

〜笑顔花咲く初春に・・・パート1〜

みなさん、こんにちわ!
なんと先日、リビングフォレストに『なにわ演芸ボランティア』の皆さんが来訪されました♪

IMG_8883.jpg IMG_8901.jpg IMG_8897.jpg IMG_8893.jpg IMG_8892.jpg IMG_8949.jpg IMG_8948.jpg IMG_8940.jpg 
IMG_8926.jpg IMG_8920.jpg


演目は、<三味線><日舞><歌謡ショー><ハーモニカ>など本格的exclamation×2
入居されている皆さん始め、私たちスタッフもすっかり楽しんでしまいましたグッド(上向き矢印)

館内の様子は、また次回・・・メモ
posted by サークルワン at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月26日

〜老人ホームの歴史は100年以上あるんです!〜

みなさん、こんにちわ!
現在、私たちは老人ホームで当たり前のように働いていますが、かつて日本には老人ホームや介護に関するサービス提供のない過酷な時代がありました。

時代は流れてその後、昭和に入り『老人保健法』が施工され気が付けば街中に“老人ホーム”や“デイサービス”など、高齢者が生活する施設がたくさん増えてきました。

でも

果たして、いつから“老人ホーム”はあったのでしょうか??
その歴史を見てみました!!

病院 病院 病院 病院 病院


◆日本で最初の老人福祉施設を作ったのはイギリス人?!◆
1895年(明治28年)にイギリス人のエリザベス・ソーントンという方が女性だけを対象にした、≪養老院≫という施設をつくりました。
これは当時、民間であったり宗教で創設されたものでまだ国による援助のない時代の施設でした。
その後、1932年(昭和7年)に救護法という法律により国の制度上に位置づけられ、呼び名も戦後1950年(昭和25年)に養老施設、1963年(昭和38年)に老人ホームと変化していきました。

◆高齢者単独で制定された法律の誕生◆
昨今、介護職に就業しているスタッフであれば『老人福祉法』という名称を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
この『老人福祉法』とは、あくまで『社会福祉法』の中にある≪老人の福祉の原理を明かにする≫≪老人に対して健康の保持と生活の安定のための必要な措置を講じる≫事を目的とした法律を呼びます。(ちょっと難しいですかねたらーっ(汗))


病院 病院 病院 病院 病院


2000年代に入り行政だけではなく、たくさんの人が【介護問題】に注目し考える時代となりました。
まだまだ足りてない事や変えていかなきゃならない事など、山積みですがかつて私たちの祖先たちが必死に作り上げてきた、この制度を絶やさずもっと素晴らしいものになっていければいいなぁと思いました手(チョキ)


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月24日

〜≪みんな≫違って≪みんな≫いい!!〜

みなさん、こんにちわ!
普段何気なく生活していると、ほとんどの人が気づかない事が多いと思いますが、≪物の見え方≫ってすごく個性が出やすいものなんですよね??

例えば

“リンゴの色は?”


と尋ねても、「赤」「朱色」「橙」「赤茶」などなど・・・答え方は千差万別♪
本当に面白く、不思議だなぁと感じる事が多いんです。

ドコモ提供 ドコモポイント ドコモ提供 ドコモポイント ドコモ提供


と言うのを踏まえて、今月の絵画教室の様子をご紹介しま〜す♪
今回は・・・『エリンギ』のデッサンに挑戦!!

IMG_8861.jpg


一見簡単そうに見えますが、これがすごーーーーーく難しいんですよ!!
だって9割真っ白なんですもん(笑)

果物やお花はほとんど色がついていますが、キノコって結構真っ白なんですよね。
ただ真っ白に描いたら、背景に溶け込んでしまって何か分からなくなってしまうし、かと言って本来の色をどうやって表現したらいいか・・本当に難しいあせあせ(飛び散る汗)

IMG_8864.jpg IMG_8863.jpg IMG_8862.jpg


しかも『キノコ』って、タテとかヨコとかはっきりしている曲線ではないから輪郭を描くだけで一苦労(*_*)

IMG_8872.jpg IMG_8873.jpg IMG_8869.jpg


今度は、背景に溶け込まないように色塗りするのに“どんな色合いにするか”・・・今回の絵画は考えながら描くという、感覚をフル稼働して描きました♪

☆作品はコチラ☆


IMG_8882.jpg IMG_8881.jpg IMG_8880.jpg
posted by サークルワン at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月23日

〜日常のアレコレを助けて下さる仲間を募集しています〜

みなさん、こんにちわ!
さてさて、みなさんは“家事”は得意ですか??

「掃除は苦手だけど、料理は得意!」
「毎日やってる事だから得意・不得意はないかなか・・。」
「やってみたら出来るかも!」


などなど、その得意分野とかは千差万別だと思います。

でも、

アナタの『いつもの生活』が実は、私たちには必要なのですexclamation×2


新幹線 新幹線 新幹線 新幹線 新幹線

NEW【食事配膳専門スタッフ】NEW

入居されている方の『朝食』『昼食』の準備や片付けをするお仕事です☆
お盆を並べたり、テーブルを拭いたり、食事が終わった食堂の掃除をしたり・・・お仕事の内容はシンプル♪
介護職でのお仕事経験がない方や現在、他のお仕事をされている方もカンタンに始められます(^O^)
≪力仕事は苦手≫≪短い時間に出来る簡単な仕事がいい≫という方にもオススメ☆

NEW【入浴介助専門スタッフ】NEW

入居されている方が安心・安全にお風呂に入れるようにお手伝いして頂くお仕事です♪
浴室への誘導や着替え・入浴介助を専門的にします。
お風呂の時間帯だけのお仕事なので、短時間でさくっと稼げるのが魅力☆
介護の資格がなくても、介護職での就業経験がある方であればどなたでも働けます!
(※入居されている方を抱き起こしたりする介助業務になります)

新幹線 新幹線 新幹線 新幹線 新幹線

今、リビングフォレストで新しく【専門スタッフ】の募集をしていまするんるん
就業時間や詳細については、採用ページをご覧ください!

「どんな仕事か話だけ聞いてみたい!」
「まずはどんな施設なのか見学だけしてみたい!」


などなど・・・少しでも気になる点があればお気軽にお電話くださいねわーい(嬉しい顔)
posted by サークルワン at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月21日

〜大阪のお笑いが日本を救う?!〜

みなさん、こんにちわ!
みなさんは、気分が落ち込んだときやリフレッシュしたいときどんな事をされますか??
私は、インターネットで好きなお笑い芸人さんの漫才をひたすら見て、口の筋肉がひきつるぐらい笑い倒します(笑)
そうすることで、見るまでにあったモヤモヤとした感情が嘘のように消えさえるんです♪
単純なんですけどね。

喫茶店 喫茶店 喫茶店 喫茶店 喫茶店


さてひらめき
大阪―しいて言えば関西は、“お笑い文化”が他の地域よりも根付いている地域ではありますが、この“お笑い文化”=“笑う”ことで高齢者の健康にどんな効果があるのか、気になって調べてみました♪

○笑うと血糖値が下がる??
東京在住の糖尿病患者の方に、単調な講義を聞かせた後にお笑いを観賞させると血糖値の上昇が大幅に抑えられた(食後2時間後)exclamation

○認知症予防にお笑いはいかが??
65歳以上の男女を対象にした研究で、『ほぼ毎日笑う』という人の方が『笑う機会がない』という人に比べて2倍程度認知機能が低下しにくいという結果が見られたexclamation
※出典:介護ぱどホームページより

単純ですが、“笑う”という行動1つとってもこんなに沢山のメリットがあるんですね(^O^)
人間の身体って不思議ですねたらーっ(汗)

この大阪のお笑い文化が、もっと日本全体に浸透することで日本の未来は変わってくるのかもしれませんわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月19日

〜夢をよく見る高齢者は認知症になりにくい?!〜

みなさん、こんにちわ!
毎度、毎度突然ですがみなさんは寝てる時に“夢”を見られますか??
私は、かなりの頻度で“夢”を見るんです♪しかもカラーで登場人物もはっきり覚えてて、何だったら自分が夢の中で口にしていたセリフが言えてしますくらいに(笑)

そもそも“夢”って何なんでしょうか??

○脳科学:“夢”は脳内にある情報を整理するため見られるもの
○心理学:“夢”はその人自身が心の中にあるストレスや願望が具現化されたもの

という考えがあるようですね♪

でも

“夢”を見るのって??


眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)


そもそも人は≪レム睡眠≫≪ノンレム睡眠≫というのを繰り返すことで、身体や精神などを休ませます。
この≪レム睡眠≫というのが、夢を見やすい状態となります。
とある研究では、60歳以上の男女の睡眠状態を19年間に渡り調査したところ、≪レム睡眠≫の時間が1%低下しただけで、認知症(アルツハイマー型)を発症するリスクが9%も高まった!というのです\(◎o◎)/
(※あくまで関連性があるだけで、因果関係までは不明らしいのです)

では、≪レム睡眠≫の時間を保つために私たちはどんな事が出来るのでしょう。
それは

@有酸素運動:神経細胞を活性化させるホルモンの分泌を促し『脳のゴミ』と呼ばれるアミロイドβが洗い流されるようになる
Aコミュニケーション:たくさんの人との対話は脳内に新しい刺激を与え活性化に繋がる
B知的活動:考えながら指先を動かす行動は脳内を活性化させる効果がある

ということで、つまり「好きな事を持ってたくさんの人と会話を楽しみながら運動する」という一言につきるようです(うぅ・・運動苦手ですたらーっ(汗))

今からでも遅くありません!
春に向けて、新しい自分の時間を探してみるのも良いのではないでしょうか??わーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月18日

〜社会との繋がりが延びること〜

みなさん、こんにちわ!
今日はネットニュースの話題から、少しお話してみたいと思います。

野球野球野球野球野球


“定年延長、21年度にも着手=公務員、65歳に段階引きあげ”(Yhoo!ニュース:2月16日より)

このニュースでは、早ければ2019年度には改正案が提出され2021年度より段階的に『国家公務員』『地方公務員』の定年を現在の60歳から65歳へ年齢の引き上げをしていくとのことです。

つまり

今後、働くシニアが増えるということなんですねわーい(嬉しい顔)
凄くいいように思えますが、その反面若い世代の減少が心配になるところですもうやだ〜(悲しい顔)

既に平成29年度には、内閣府によって働く高齢者の割合が調査されています。この調査によると、年々65歳以上の就業者は右肩あがりグッド(上向き矢印)であることが分かります。(出典:内閣府ホームページより)

            働く高齢者.gif

もしかしたら街を見渡すと、業種や職種に関わらずシニアが活躍している世の中が来るのかもしれませんねわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月17日

〜アンチエイジングのススメ??〜

みなさん、こんにちわ!
ふとテレビを見ていると、年齢を感じさせないくらいぴかぴか(新しい)キラキラぴかぴか(新しい)している方や手(グー)見た目が若々しい手(グー)方がインタビューされてて驚いた経験はありませんかexclamation&question

私は単純なので「すごいっ!!」と驚いてばかりなのですが、どうして90代でも足腰がしっかりしていたり、認知症状が少ない方がいらっしゃるのでしょう・・?(個人差はありますが)

phone tophone tophone tophone tophone to


年齢に反比例して、見た目が若々しい人たちには共通点があるようで日々の生活の中で

○ドキドキ
○ワクワク
○ゾクゾク

という興奮経験や快感経験を良くされているようなのです!

この興奮経験で脳内に≪β-エンドルフィン(脳内モルヒネ)≫≪ドーパミン(ヤル気ホルモン)≫≪セロトニン(幸せホルモン)≫を分泌し、細胞の活性化肌のうるおい保持に影響が出てくるとのことひらめき
(これは高齢者だけでなく、若い年代層の方々にも効果があるとか!)

最近、『ドキドキ』『ワクワク』『ゾクゾク』の経験をしたのはいつでしょう??
「そんな事している暇はない!」と投げ出さず、日々の生活の中で少しでも『ドキドキ』『ワクワク』『ゾクゾク』出来る様な事を見つけて、小さなアンチエイジングをやってみるのもいいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月16日

〜今からでも遅くはないっ?!足腰を鍛えて老化予防!〜

みなさん、こんにちわ!
私・・・まだ30代なのですが、最近平らな所でつまずく事が多くなったんですexclamation
屋外だけでなく、屋内・・・特にフローリングに敷いてあるラグにつまずいてしまうんですふらふら

もうつまずいた瞬間、「えっ?!なんでっ?!!」とショックが大きくて思わず自分も歳を取ったんだなぁ・・と痛烈に感じました。(まだ早いっ!とお叱りの声が聞こえそうですが・・。)

そして今週のシニアヨガでは、その“小さなつまずき”が話題にあがりましたぴかぴか(新しい)


バーバーバーバーバー



処理済〜IMG_5775.jpg IMG_5784.jpg 
IMG_5783.jpg IMG_5778.jpg

本日のテーマは、ずばりひらめき

“つまずかずに歩くには!”


もう私にピッタリな内容ですね(笑)
まずは、身体全体をリラックスさせるためのヨガから始まり、『つま先』『足首』『ひざ』『足の付け根』と順番にほぐします。(私もこっそり一緒にやってみましたたらーっ(汗))

この小さなつまずきの原因は、姿勢の悪さだと言われているようですあせあせ(飛び散る汗)
猫背になってしまうと、体重が前のめりになり足よりも先に上半身が動いてしまうのでつまずいてしまうそうなのですがく〜(落胆した顔)

なので、普段から<姿勢を正しく保ち歩くときは足が出てから身体が動く事>を意識することで防げるという事でした。(とってもカンタンるんるん)

この≪小さなつまずき≫は、≪小さな一歩≫から予防できるのかもしれませんねわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月15日

〜ちょっとネガティブ。だけどポジティブに考えていこう!〜

みなさん、こんにちわ!
昨日テレビで印象的なCMを見ました目
しかしふと思った事・感じた事があったので、今日はみなさんと一緒に考えられれば・・と思ってちょっとネガティブな感じではありますが、お話したいと思いますわーい(嬉しい顔)

車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)


そのCMは65歳以上の高齢者が、運転免許を返納した事でどんな生活になったのか当事者のインタビューをCMにしていたものです。

「免許を返納しても幸せな生活が送れています!」
「免許を返納することで、時間をゆっくり使えるようになりました!」
「免許を返納したら、健康のため歩くようになりました!」


高齢者による自動車事故の割合(注1:自動車事故の件数及び高齢者ドライバーの割合データ)は、年を追うごとに増加の一途を辿っています。
この問題を解決するのに

『高齢者ドライバーは免許を返納すべき!』


という風潮があるようですが、果たしてそれだけで問題は解決されるのでしょうか?

例えば公共交通機関が近くにない地域にお住まいの方家族と離れて暮らすお一人暮らしの方・・・そんな方が病院受診する時、買い物に行く時、家族に会いに行く時、果たしてどうすればいいのでしょう??
これから高齢になる若い世代の人たちも、≪65歳以上で運転できなくなったらどうしよう≫と不安になってしまいますよねふらふら

私個人の意見として、確かに自治体や企業によるこう言ったサービスの展開も必要だとは思いますが、その前に地域の住民同士が声を掛けあって、

「○○さん、今日病院の日なら送って行くよ!」
「明日買い物に行く時、隣のおじいちゃんも一緒に誘ってみようよ!」
「最近、○○さんのおばあちゃん元気ないね。何処か一緒に行ってみようか!」


という昔ながらの“お付き合い”みたいなのが増えて行って欲しいと思います。

もし

将来、法律で≪65歳以上の運転が制限される≫ような世の中になっても、高齢者ドライバーが積極的にそして安心して免許の返納が出来る世の中になってくれたらいいのになぁ、と思いました♪

(注1)警視庁ホームページより引用



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい




posted by サークルワン at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月14日

〜時代最先端かも?!〜

みなさん、こんにちわ!
ニュースでは白熱するオリンピックの様子が報道されてますが、今後どうなるか気になりますねexclamation×2どんな事であっても正々堂々プレーして欲しいものですパンチ

演劇演劇演劇演劇演劇


ひらめきさてひらめき


最近よくメディアを通して、『ジェンダーレス』という言葉を耳にするようになりましたが、みなさんはご存知でしょうか??
(ちなみに『ジェンダーレス』とは、男女の境界線をなくそう!という考えを意味します)

思い起こせば≪男女雇用機会均等法≫が施工され、約30年ほどになりますがたくさんの仕事で男女関係なく、活躍されている方が増えてきていますよね♪(男性の保育士や女性のプロボクサーetc・・)

特に介護業界は、それまで「男性向き(重労働)の仕事」というイメージがあったものの、平成26年度の調査では全国の介護業界で働いている女性の割合約70%になっているそうなのです\(◎o◎)/

何故、介護業界では“女性”職員が増えているのでしょう??
その要因は、『働きやすい環境』にあると言われています☆

『時短』『扶養内』


を導入し、働くママのバックアップはもちろん!
大きい施設だと併設している保育園が職員割引で利用出来たりと、<女性目線目の待遇>というのが他業種に比べて多いからかもしれません。

男だから・・・女だから・・・という囲いがなくなり<真>のジェンダーレスな業界となる世の中になってくれたら嬉しいなぁと思う今日でしたわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月12日

〜≪好き≫が持つパワー〜

みなさん、こんにちわ!
今朝起きたらびっくり!!がく〜(落胆した顔)
屋根も道路もうっすら白くなってましたね♪
通勤途中のアスファルトが、朝日に照らされてキラキラぴかぴか(新しい)していて、とってもキレイでした黒ハート


時計時計るんるん時計時計


さて、今日はまずこちらの写真をご覧くださいいい気分(温泉)

      シニア2.jpg      シニア写真家.jpg
※出典:ツイッター

「えっ?!」「うそっ??!!」「何っ?!」

そんな声が聞こえてきそうです(笑)
あ、念のためにこの方は当施設の方ではありません。(ご安心ください)

そうひらめき

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、87歳のアマチュア写真家西本さんです(^_^)/
70歳を超えてから、趣味で始めたカメラでこんなにも話題になっている西本さん。65歳以上の方が趣味を持つというのは、『新しい刺激で脳が活性化』され『夢や目標を持つ事で生きがいをうむ』ということで、注目されています♪

「こんな歳だから新しい事なんて始めたって・・・。」

「どうせ続かないしな・・・。」
「一人で始めても寂しいだけだし・・。」


なんてあきらめず、≪継続は力なり≫の精神でこの春新しい趣味みつけてみませんか??わーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月11日

〜施設での介護から在宅介護へシフトチェンジ!〜

みなさん、こんにちわ!
2月8日(木)朝日新聞に、気になる記事がありました。

カメラカメラカメラカメラカメラ


今年の4月から改定される診療報酬について、政府が推し進めているのが

『在宅介護』


これから超・高齢化社会になることを見越して、将来慢性的な持病を抱える65歳以上の高齢者を病院で対応するには、ベッドの数が足らなくなるであろうという予測されており、自宅で24h介護出来る状態を目指すべきだ、という考えのもとで進められているようです。

この仕組みは、要介護の方に主治医の他に必ずもう一人ドクターが付くというもの。主治医が対応できない場合は、サポートドクターが対応します。
それ以外にも、複数の診療所などが連携することで、24時間体制の在宅患者に対応できるようにするそうです。
また近くに診療所がない農村部などには、パソコンやスマホを使った遠隔診療も進めていくそうなのです!

内容を読み込んでいくと、とても画期的なサービスだと思うのですが・・・。

でも

一緒に住む家族はどうなるのでしょう?
家族と一緒に暮らせない独り暮らしの方はどうなるのでしょう??

色々と新しいサービスが出てくる分、本来の問題が置いてけぼりになっているように感じる今日この頃でしたもうやだ〜(悲しい顔)


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月09日

〜時代を生きるということ〜

みなさん、こんにちわ!
先日、入居されている皆さんのお誕生日を更新する作業がありました☆
大正生まれの方、昭和初期に生まれた方・・・さまざまな時代の方がいらっしゃいました。

大正時代と言えば『第一次世界大戦勃発』『関東大震災』『ロシア革命』など、その後の世界を大きく変える事件が多かったように思われます。
特に明治時代から大正時代に移行することで、政治や経済・文化も大きく海外からの影響を受けてきた時代と言えるかもしれません。

そして

昭和時代への突入。
昭和と言えば、やはり大きくクローズアップされるのが『戦争』
たくさの尊い命が奪われ、日々の暮らしも立ち行かなく、辛く悲しい時代だったと思います。

歴史の教科書で学んだたくさんの事件や事故を目の当たりにしてきた皆さんは、どれだけのご苦労があったのか計り知れません。

更に

激動の平成を迎え、光陰の如く時代は流れていきます。
アラフォーの私でさえ、流れについていくのがやっとかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

たくさんの時代の目撃者に囲まれて、まるで歴史の中にいるような気分です。
もしかしたら学校で学ぶ内容よりも、もっと深い話が聞けるかもしれないと感じた今日でした♪


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


posted by サークルワン at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月07日

〜大寒波は人の性格を変える?!〜

みなさん、こんにちわ!
日本海側を中心に、記録的な大雪雪で公共交通機関は麻痺状態!
事故も相次ぎ、このまま日本はどうなってしまうのか・・・不安や心配は尽きませんふらふら

美容院美容院美容院美容院美容院


さて、さて今日の話題は・・・

ずばり

“大寒波は人の性格を変えるのかexclamation&question


ということ。
かつて面白い心理実験がされ、10人の被験者のうち5人には氷袋を持たせ残りの5人にはホッカイロを持たせたまま、周辺を散歩させた。その際、氷袋を持った5人は回りを気にせず自分のペースでさっさと歩いていたが、ホッカイロを持った5人は、周囲が遅れてないか。危険な場所はないか、など気遣う姿勢が見られたらしい。

このことから

『身体が冷えることで、心理的作用が働く』


と考えている研究者も多いそう。
まだまだ続く寒波の影響・・・。
少なくとも、お互いを思いやり、優しさを持って、助け合う気持ちを忘れないようにしていきたいものですねわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


posted by サークルワン at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月05日

〜人生の先輩に学ぶ恋愛学?〜

みなさん、こんにちわ!
まもなくピョンチャンオリンピックですね〜☆
今からテレビの予定が忙しくなる予感!!笑

CD CD CD CD CD


さて、さて。。。
実は、最近(という程でもなく前からですが)入居されている主に女性陣より

『結婚生活とは何か』
『結婚するときのポイント』
『結婚相手を見極めるときは何が大事なのか』


などなど、細かい恋愛学を受けているのです(笑)
いえいえ、長い人生を歩まれた皆さんからのお言葉が一番重く勉強になります。
恋愛のスタートの仕方だけでなく、付き合っている間の注意とかそれはもう細かくご指導頂き、若輩者である自分が恥ずかしいほど・・・・ふらふら

「男の人は、見栄を張りたがる生き物なんだから、女が合わせなきゃダメなのよ!」
「食事こそ女の真価が問われるもの!今からしっかり勉強しなさい!」
「最初は良くても、長い間一緒にいるのであればイヤだと感じることも克服しないとダメね。」


目から鱗というべきか・・・本当に雑誌やセミナーで聞く以上の内容が聞けます。しかもお金がかからずに(笑)もしこんな深い内容を聞くとなると、セミナーではいくらかかるのかな・・・なんて、下世話な事を考えてしまいますが、こんな身近に先生が沢山いて下さるのはとてもありがたいこと!

親や友人にも話しにくい恋愛相談を日々聞いて下さる皆さんの心の広さに、嬉しく思いつつも学ぶことが多い今日でした☆



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


posted by サークルワン at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月02日

〜小さな取り組み・大きな一歩〜

みなさん、こんにちわ!
昨日<シニア世代の孤独死防止>に、NPOが新しい取組みを始めたというニュースを見ましたひらめき
それは、

『不動産会社が定期的に独居のシニアの様子を見に訪問する』

という内容でした。特別な事や行政のサービスに頼ることなく、自分たちでリスクを減らしていこう!ということなんですね。
訪問を担当するのは、介護の資格を持っている専門職の人間ではなく、あくまでただの不動産会社の営業マンなのです!

これまではシニアの賃貸契約は、【孤独死のリスク】【支払能力の低下】などを理由に断られるケースが多かったそう。
特に介護度が低いものの、日常生活に支障をきたす精神障碍者や知的障害を持っている方は門前払いされてしまうケースもあったようです。
北海道であった自立支援住宅は、そういった方たちのセーフティーネットだったのかもしれません。

しかし

今回のNPO法人は、不動産会社・保証会社と連携しシニアの様子訪問を定期的に実施しているという内容でした。既に地域自立支援センターが主体となったサービスはあると思うのですが、不動産会社や保証会社が主体となって行われているのは、珍しいのではないでしょうか?

その様子訪問も玄関先で顔を見るだけでなく、自宅にあがり冷蔵庫の中や部屋の掃除など細かく見てくれます。それは黒ハート本当の家族黒ハートのように。
サービスを受けている方も、定期的に会いに来てくれる人がいるというだけでかなり安心している様子でした。(いくつになってもお客さんって嬉しいものなんですね♪)

安易な表現ですが、とてもステキな取り組みだと思いますわーい(嬉しい顔)
日々のニュースで新聞配達員による孤独死しているシニアの発見を目にしますが、もしかしたら近い未来【孤独死】という言葉がなくなる世の中がやってくれるかもしれません。
小さな取り組みかもしれませんが、これからの超高齢化社会と呼ばれる未来には大きな一歩のように感じましたぴかぴか(新しい)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



posted by サークルワン at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト

2018年02月01日

〜認知症も怖くない!〜

みなさん、こんにちわ!
今日から2月ですね〜☆
昨日までお正月のような気分でしたが、月日の流れは本当にアッと言う間でこのまま毎日が進むとどうなるのか・・・。今から心配が尽きません(@_@;)←心配しても仕方ないのですが。

家家家家家


さてひらめき
みなさんは、“認知症”と聞くとどういったイメージがあるでしょう??

「記憶が残らなくなる。」
「忘れっぽくなるの?」
「段々みんなかかる病気なんじゃない?」


などなど・・・。
今、日本の認知症患者数は増加の一途を辿っています。
平成37年には65歳以上の認知所患者数が、700万人と『5人に1人』と言われています。
昔ほど生活に制限や不便さがなくなり、昭和に比べれば寿命が延びてきつつあるものの、食生活の変化(いわゆる欧米化)により昔に比べて、身体の機能自体は衰えてきているのかもしれません。(極論ですが)

と、暗〜い話題では終わらせません笑exclamation×2
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ノーベル賞を受賞された田中耕一氏によってアルツハイマー型認知症の早期発見や、アルツハイマー型認知症に効果のあるたんぱく質の抗体を見つけたそうなのです!

アルツハイマー型認知症は、『認知機能の低下や人格の変化を主な症状とする認知症の一種』と言われておりその患者数は推定100万人と言われています。おそらく認知症の方で最も多い症状かもしれませんね。
このアルツハイマー型認知症が、早く見つかり治療が出来ればいわゆる【介護問題】の解決にも結び付くのでは?と、私自身は素人ながら淡い期待をしていますたらーっ(汗)
(その分、介護施設は少なくなっていくかもしれませんが・・・・ふらふら)

少しでもたくさんの方が無理なく、自分らしく、そして楽しい余生を過ごせる社会になってくれると嬉しいなぁ、と思う今日でしたわーい(嬉しい顔)



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい


posted by サークルワン at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リビング フォレスト